小沢氏問題、冷静な対応を=民主内の「けじめ」発言−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は1日午前、民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体をめぐる事件に関連し、党内の有力議員から小沢氏に幹事長辞任も含む「けじめ」を求める発言が相次いだことについて、「自浄能力は党として発揮しなければならないが、この具体的な問題については冷静に見守るしかない」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜ゼネコン側、妨害恐れ献金〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜

雑記帳 映画「京都太秦物語」完成披露試写会行われる(毎日新聞)
損保社員らの職種変更、控訴審で和解成立(読売新聞)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
名護市移設、地元情勢は困難=「普天間」で米次官補と会談−北沢防衛相(時事通信)
<偽札>東北4県で60枚に…ホログラム精巧、判別難しく(毎日新聞)
[PR]
by bh0inkywcx | 2010-02-05 20:08